グルコサミンはコンドロイチンと一緒に

グルコサミンはコンドロイチンと一緒に

グルコサミンには必ずと言ってよいほどいまではセットとなった成分があります。

 

それがコンドロイチンという成分です。
名前も似ていませんし、コンドロイチンは成分的に正式な名称ではありませんが、これがグルコサミンと一緒に摂取することで効果を発揮しやすいのです。

 

別の言い方をすれば、グルコサミンはコンドロイチンの補助の役割があり、タンパク質としての要素が強いグルコサミンに対して、コンドロイチンは症状に対する要素が備わっていると言ってもいいです。

 

この症状と言うのが直接関節に何かするというよりも、関節に異常が出て関節痛が発生した時に起こっているであろう、関節炎や神経痛などの方面に効果があるとされているからです。

 

それもあって、コンドロイチンの入ったグルコサミンは、多種多様な痛みに対して医薬品としてのこうのが記述されていることが多く、それをセットで含めることで利用者の幅を広げていたりするのです。
もちろん、同時に入っていることが広い範囲での症状に効いてくれることから、使い勝手が良いというのもあるようです。