ふと思い出した教習所時代の思い出

先日、運転中に「仮免許練習中」の紙を貼った車が前にいて、
ふと、教習所に通っていた頃の事を思い出したので、その事について書きたいと思います。

 

私が自動者教習所に通っていたのは、15年位前の高校3年生の時でしたね。
う〜ん、結構前ですね。
当時は高校生だったので、授業が終わってから教習所行ってみたいな感じでした。
教習所へは送迎してくれるバスを利用して通ってましたね。

 

で、自動車免許の種類ってオートマニュアルとミッションがあると思うのですが、
親の勧めもあり、ミッションの取得を選択したのでした。当然、ミッションの車に慣れるまでは苦労しましたね。
忘れもしない、初めて乗った教習所でミッションの車に乗った時の事。
もう、エンストの嵐でしたw、隣に乗っていた教官も苦笑してましたね。
で、その時思いましたね。

 

「あぁ、俺って車の運転に向いてないのかも」って。あのクラッチの間隔等がはじめは難しかったんですよね。
と、そんなこんなで実習と学科をコツコツ頑張ってこなして取りましたね、ミッションの運転免許証。
ただ、今って一部のスポーツカーを除くと、残念なことにミッションの車ってほとんどないんですよね〜。
苦労して取ったのに。今思えば、オートマでも良かったような気がしますね。